魔女食堂にいらっしゃい(原題:마녀식당으로 오세요 / マニョシッタンウロ オセヨ / The Witch’s Diner)★3.2 ソン・ジヒョ、ナム・ジヒョン

3つ星ドラマ

韓国の「第3回Kyobo文庫ストーリー公募展」で大賞を獲った作品が脚本の元となったユニークな作品「魔女食にへいらっしゃい」。舞台の中心となる魔女食堂の装飾は秀逸。

ドラマ評価★3.2
OST評価⭐️3.2
ジャンルファンタジー

概要 | 魔女食堂にいらっしゃい

魔女食堂はシェフである魔女がその人の願いを叶えるため魔法をかけたその人だけのオリジナルレシピで料理を作る。差し出された料理はその客が生まれてから味わったことのない美味に舌鼓を打ちまくる。ただし、願いを叶えることの引き換えに自分の一部を差し出すことになる…

TVING 金曜ドラマ 全8話 2021.04.16 放送開始

2021.07.24 視聴開始〜 Ep8 視聴完了 2021.08.15

監督演出:ソ・ジェヒョン、イ・スヒョン
脚本:イ・ヨンスク、ソ・イム
企画製作:スタジオドラゴン

ざっくりあらすじ | 魔女食堂にいらっしゃい

ある日チョン・ジンと母のエスクは大繁盛している食堂をスタッフごと引き継ぐ形で全財産を投じて購入することになった。

しかしそれは完全なる詐欺で、一週間もするとスタッフは全員すぐにやめてしまい近隣に開店した新しい食堂へ移って行った。その店こそ元大繁盛店の女主人であった。

エスクの店はあっという間に新店の食堂へすべての客を奪われすっかり閑古鳥の鳴く店へと落ちぶれてしまった。

ある夜、客のいない店でチョン・ジンが失意にくれていると、魔女ヒラがふらりと入店し「この店を買ってあげる」と言い出した….

それは誰でも願いが叶えられるレストラン、魔女食堂(マニョシッタン)に作り変えるための話だったのである。

魔女はまず手始めとしてジンの願いを叶えるべく、その場で料理をしてジンに食事をさせた。

こうして新しい魔女の主人を迎えた店はさまざまな事情を抱えた客を迎えるようになる。

ドラマ評論 | 魔女食堂にいらっしゃい

韓国ドラマでは魔女ものもよく作られるジャンルだが、本作「魔女食堂にいらっしゃい」はこれまでの作品とは一線を画す仕上がりとなっている。コンテストで大賞を獲った作品が原作であることも関係しているであろう、新鮮な設定だ。

なによりもキャスティングが良い。とくに主演にソン・ジヒョを抜擢したことが作品の質をお仕上げている。彼女のエキゾチックな美しさはまさに魔女そのもの。演出もよく、台詞回しが冷酷な中にもほんの少しの人間味をまぶしている。

また全8話と、ストーリーをコンパクトにしたことが功を奏してドラマにダレや隙間がなく、テンポよく締まった展開に成功している。

「魔女食堂にいらっしゃい」はスカパーの衛星劇場チャンネルで放映中です。

スカパーで視聴!

キャスト | 魔女食堂にいらっしゃい

ソン・ジヒョの魔女っぷりが際立つ見事なキャスティング。そこに絡み合うナム・ジヒョンとチェ・ジョンヒョプが見事にはまっている。

魔女食堂にいらっしゃい【相関図】

ソン・ジヒョ(魔女チョ・ヒラ役)

魔女食堂の主人でありシェフ。彼女はその手から創作される料理に魔法をかけ客の願いを叶える。

ナム・ジヒョン(チョン・ジン役)

魔女を社長に迎えた食堂で働くうちに魔法のレシピを感じるようになり、徐々に魔法の料理を作る才能が開き始める。

チェ・ジョンヒョプ (イ・ギルヨン役)

学校生活で辛い目に遭い訪れた魔女食堂で食事をしたことがきっかけで、そのままアルバイトとして働くようになる。

ハ・ドグォン (オ代表役)

魔女チョ・ヒラの執事として魔女食堂を影で支えている。

ソ・ヒジョン (ソ・エスク役:ジンの母)

知人に騙され食堂経営に行き詰まるが、娘のジンが食堂を引き継いだことで少し肩の荷が下りる。しかし食堂の主人である魔女と娘の本当の関係には気づいていない。

予告編 | 魔女食堂にいらっしゃい

とてもエキゾチックな予告編に仕上がっています。

視聴者の声

0
Rated 0 out of 5
5つ星中0つ星です!(0人の声)
最高に面白い0%
良かった0%
まあまあ0%
イマイチ0%
面白くなかった0%

↓ ぜひ視聴されたあなたの感想もお聞かせください。

タイトルとURLをコピーしました