ある日~真実のベール (原題:어느 날 / オヌナル / One Ordinary Day)★4.0 キム・スヒョン、チャ・スンウォン

3つ星ドラマ

「太陽を抱く月(2012年)」、「星から来たあなた(2013年)」、「シークレットミッション(2013年)」、「サイコだけど大丈夫(2020年)」などヒットメーカー俳優のキム・スヒョンと「戦火の中へ(2010年)」、「アテナ(2010年)」、「最高の愛~愛はドゥグンドゥグン(2011年)」で圧倒的存在感を見せたチャ・スンウォンが初めてタッグを組んで臨む本作。
実力派俳優二人が火花を散らす白熱の演技が最大の見所。Amazon Prime Videoで日韓同時独占配信中。

ドラマ評価★4.0
OST評価♫3.8
ジャンルサスペンス・ミステリー

ある日~真実のベール

coupang play 土日ドラマ(全8話)2021.11.27放送開始
2021.11.27 視聴開始〜 Ep8 視聴完了 2021.12.19

監督演出:イ・ミョンウ
脚本:クォン・スンギュ
企画製作:ザ・スタジオM
音楽:ケミ
原作:クリミナル・ジャスティス

amazonで観る

ざっくりあらすじ | ある日

ある日、大学の友人からのパーティの誘いを断りきれずタクシー運転手である父のタクシーを無断で運転し夜の街を疾走するところから本作は始まる。

one-ordinary-day
学友たちが集まるパーティシーン
TVを見ている家族に内緒でタクシーのキーを持ち出すヒョンス

ところがタクシーの機器操作に慣れていないキム・ヒョンスは「空車」ライトを煌々と照らしながら赤信号で停まったとき、一人の女性が乗車してきた。結局断りきれずパーティは諦め彼女の告げる行き先通りに従い漢江(ハンガン)へ向かう。

空車ランプを点灯したままタクシーを運転するヒョンス
空車と思いタクシーに乗り込むグックァを演じるファン・セオン

途中からデートのような雰囲気になり最後は一人住まいという彼女の豪邸でドラッグと酒を交わしながら興奮してきた二人は2階のベッドルームへ向かいともに一夜を過ごすことになった…

漢江(ハンガン)で走るヒョンスとグックァ
グックァの自宅前で車をぶつけてしまい謝るヒョンス
ヒョンスとグックァ 雰囲気が良くなる二人
ゲーム中に誤ってグックァの手を指してしまうヒョンス
ヒョンスとグックァ 激しく燃える二人
テーブルに残された血のついたナイフ

数時間後、1階で目覚めたヒョンスは別れの挨拶をするため2階で寝ている彼女のところへ行くと、無残にもそこには…

ここからは本編をご覧ください。

amazonで観る
殺人現場宅の差し向かえの目撃者
殺人現場宅の差し向かえの目撃者
警官から職務質問を受けるヒョンス
警官から職務質問を受けるヒョンス
警官に疑われるヒョンス
警官に疑われるヒョンス
殺人現場宅前に集まる警官たち
殺人現場宅前に集まる警官たち
殺人現場宅前で職務質問を受ける最初の目撃者
殺人現場宅前で職務質問を受ける最初の目撃者
二番目の目撃者の老人
二番目の目撃者の老人
署内で怯えながら待機するヒョンス
署内で怯えながら待機するヒョンス
ヒョンスの上着から凶器のナイフが出てくる
ヒョンスの上着から凶器のナイフが出てくる
凶器のナイフを確認する刑事
凶器のナイフを確認する刑事
パク刑事の取り調べを受けるヒョンス
パク刑事の取り調べを受けるヒョンス
パク刑事から尋問を受けるヒョンス
パク刑事から尋問を受けるヒョンス
特殊ライトでヒョンスの体に現れる血痕
特殊ライトでヒョンスの体に現れる血痕
シン弁護士と契約を結ぶヒョンス
シン弁護士と契約を結ぶヒョンス
任意取り調べを受ける最初の目撃者
任意取り調べを受ける最初の目撃者
留置所内で助言するシン弁護士
留置所内で助言するシン弁護士
殺人現場検証をするパク刑事
殺人現場検証をするパク刑事
裁判所
初公判
パク刑事の頑固さを解こうとするシン弁護士
パク刑事の頑固さを解こうとするシン弁護士
パク刑事の訴追相談を受けるアン検事
パク刑事の訴追相談を受けるアン検事
ヒョンスに助言するシン弁護士
ヒョンスに助言するシン弁護士
公判中、裁判官に呼ばれるシン弁護士
公判中、裁判官に呼ばれるシン弁護士
パク刑事に無実を訴えるヒョンス
パク刑事に泣きながら無実を訴えるヒョンス
刑務所へ移送されるヒョンス
刑務所へ移送されるヒョンス
刑務所へ入所するヒョンス
刑務所へ入所するヒョンス
ヒョンスの身体撮影
ヒョンスの身体撮影
ヒョンスの監房
ヒョンスの監房
刑務所の点呼
刑務所の点呼
刑務所の点呼
刑務所の点呼
ヒョンスの両親を説得するシン弁護士
ヒョンスの両親を説得するシン弁護士
アン検事とシン弁護士
アン検事とシン弁護士

ドラマ評論 | ある日

ヒョンスが無断で父のタクシーのキーをこっそり持って出かけるあたりから緊張感の抜けないスリリングな展開がずっと続くあたりの脚本と演出が素晴らしい。

今までの平凡な生活の裏にある幸せがたった一夜のバカンスのせいで、みるみるうちに殺人犯の最有力容疑者へ転落していくキム・スヒョンの演技は見ているこちらもすっかり感情移入して手に汗を握るほど。

無実を訴えるキム・スヒョンの演技
無実を訴えるキム・スヒョンの演技

三流弁護士に扮するチャ・スンウォンの存在感も凄い。彼のトボケた演技とここぞというときに垣間見せる眼光の鋭さはチャ・スンウォン ファンにとって見どころの一つ。彼にとって本作は3年ぶりのドラマ復帰作。

ヒョンスに助言するシン弁護士
ヒョンスに助言するシン弁護士

「地獄が呼んでいる」で見せた絶望に打ちひしがれた母とは対象的に敵役となる検事キム・シンノクのしたたかな演技も見応えがある。

検事を演じるキム・シンノク
検事を演じるキム・シンノク

最終話のラストシーンで、思いもよらぬ女優がカメオ出演で登場するのでお楽しみに。

キャスト | ある日

演技力とヒットメーカーの実力で5本の指に入る若手俳優キム・スヒョンと、独特の存在感で韓国ドラマ・映画界に君臨するチャ・スンウォンのスーパーダブルキャストに加え、トップクラスのベテラン俳優キム・ホンパに中堅女優として台頭しているキム・シンノクで助演を固めた豪華なキャスティングとなっている。

地獄が呼んでいる」で最初の犠牲者となる役でインパクトを与えた演技が話題となったキム・キュベクが本作の第3話に囚人役としてカメオ出演している。

監房で情緒不安定な演技をするキム・キュベク
監房で情緒不安定な演技をするキム・キュベク

キム・スヒョン(キム・ヒョンス役)Kim Soo-Hyeon

父母と妹の4人暮らしをするごく一般的で真面目な大学生。タクシー運転手である父のクルマを無断で使ってしまったことから悲劇の1ページがめくられてしまう。

ヒョンスを演じるキム・スヒョン
ヒョンスを演じるキム・スヒョン
無実を訴えるキム・スヒョンの演技
無実を訴えるキム・スヒョンの演技
無実を訴えるキム・スヒョンの演技
無実を訴えるキム・スヒョンの演技
刑務所へ入所するヒョンス
刑務所へ入所するヒョンス

チャ・スンウォン(シン・ジュンハン弁護士役)Cha Seung-Won

雑犯だけを選んで小銭を稼いでいる三流だがベテランの弁護士。ある日、留置所に勾留されているヒョンスの目に何かを感じ衝動的に弁護士を志願する。

刑務所に入るシン弁護士
刑務所に入るシン弁護士
食事を摂るシン弁護士
食事を摂るシン弁護士
アン検事に挨拶するシン弁護士
アン検事に挨拶するシン弁護士
法廷で裁判官と相談するシン弁護士
法廷で裁判官と相談するシン弁護士

ファン・セオン(ホン・グックァ役)Hwang Se-On

豪奢な家に一人住まいのドラッグ常習者。乗り込んだタクシー運転ヒョンスに興味を持ち自宅へ連れて行くが…

ホン・グックァを演じるファン・セオン
ホン・グックァを演じるファン・セオン
ホン・グックァを演じるファン・セオン

キム・ホンパ(パク・サンボム刑事役)Kim Hong-Pa

退職を3ヶ月後に控えたソウル中央警察署強力班のチーム長。状況証拠と自分の勘を頑なに信じている在職32年目を迎えたベテラン刑事。

殺人現場で指揮を執るパク刑事
殺人現場で指揮を執るパク刑事
パク刑事とヒョンス
パク刑事とヒョンス
刑事を演じるキム・ホンパ
刑事を演じるキム・ホンパ
刑事を演じるキム・ホンパ

キム・シンノク(アン・テヒ検事役)Kim Shin-Lok

次期部長検事の座を狙う冷静で完全主義者の女性検事。シン・ジュンハン弁護士とは旧知の仲。

検事を演じるキム・シンノク
検事を演じるキム・シンノク
検事を演じるキム・シンノク

ソ・ジェヒ(パク・ミギョン弁護士役)Seo Jae-Hee

大手のポマン法律事務所の代表弁護士。事務所の名声をさらに高めようとヒョンスの殺人事件に目をつけ、ヒョンスの両親を説得するため無料の弁護を申し出る。

弁護士を演じるソ・ジェヒ
弁護士を演じるソ・ジェヒ
弁護士を演じるソ・ジェヒ
弁護士を演じるソ・ジェヒ

イ・ソル(ソ・スジン弁護士役)Lee Seol

ポマン法律事務所特許チームに所属する新人弁護士。ある日、上司でもあるパク・ミギョン代表弁護士からヒョンスの殺人事件担当に抜擢される。

弁護士を演じるイ・ソル
弁護士を演じるイ・ソル
弁護士を演じるイ・ソル
弁護士を演じるイ・ソル

キム・ソンギュ(ト・ジテ受刑者役)Kim Sung-Gyu

北部刑務所内の裏権力を握っている受刑者。彼の監房にはテレビなど生活用品すべてが揃っている。なぜかヒョンスに興味を持ち彼に力を貸そうとしている。

ト・ジテを演じるキム・ソンギュ
ト・ジテを演じるキム・ソンギュ
パク・ドゥシクを演じるヤン・ギョンウォン
パク・ドゥシクを演じるヤン・ギョンウォン
パク・ドゥシクを演じるヤン・ギョンウォン
パク・ドゥシクを演じるヤン・ギョンウォン

ヤン・ギョンウォン(パク・ドゥシク受刑者役)Yang Gyeong-Won

ヒョンスが逮捕され拘置されたときから同じタイミングで刑務所へ入所する常習犯受刑者。刑務所内でなにかとヒョンスに絡んでくる。

パク・ドゥシクを演じるヤン・ギョンウォン
パク・ドゥシクを演じるヤン・ギョンウォン
パク・ドゥシクを演じるヤン・ギョンウォン
パク・ドゥシクを演じるヤン・ギョンウォン

ユ・スンモク(チョン・サンス受刑者役)Yoo Seung-Mok

ヒョンスと同房の受刑者。刑務所で無事に過ごす処世術をアドバイスしている。

受刑者を演じるユ・スンモク
受刑者を演じるユ・スンモク
受刑者を演じるユ・スンモク

イ・ヒョンゴル(キム・ジョンマン刑務官役)Lee Hyeon Geol

北部刑務所の刑務官。

刑務官を演じるイ・ヒョンゴル
刑務官を演じるイ・ヒョンゴル

ソ・ヒジョン(ホン・エギョン役)So Hee-Jung

ヒョンスの母。息子ヒョンスの無実を信じている。

ヒョンスの母を演じるソ・ヒジョン
ヒョンスの母を演じるソ・ヒジョン(左はヒョンスの父と妹)

ムン・イェウォン(カン・ダギョン記者役)Moon Ye-Won

ヒョンスの事件を追いながらシン・ジュンハンからリークできそうなネタを引き出そうとしている記者。

記者を演じるムン・イェウォン
記者を演じるムン・イェウォン
記者を演じるムン・イェウォン

同時に放映している話題作「ハピネス(2021年)」にも601号室の住人ウ・サンヒ役として出演しており、そちらでは魅惑的な女性として登場する。

キム・キュベク(受刑者役)Kim Gyu-Baek

ヒョンスと同房する受刑者。刑務所内で毎日のように暴行を受け続け精神が折れかかっている。

刑務所内で暴行を受けるキム・キュベク
刑務所内で暴行を受けるキム・キュベク

有名女優KYJ(?役)

第8話(最終話)の最後の最後にカメオ出演で登場する女性。

有名女優KYJ
有名女優KYJ

動画ドラマ紹介 | ある日

視聴者の声

0
Rated 0 out of 5
5つ星中0つ星です!(0人の声)
最高に面白い0%
良かった0%
まあまあ0%
イマイチ0%
面白くなかった0%

↓ ぜひ視聴されたあなたの感想もお聞かせください。

タイトルとURLをコピーしました